マインド

成功者に共通する7つの習慣

 

こんにちは!Ronです。

 

私が今まで出会ってきた成功者達のお話を聞くと、

 

共通した習慣を持っている方がとても多かったので、今回記事にしました。

 

成功する人はどのような習慣を大切にしていると思いますか?

 

成功したいと考えているのであれば気になる人も多いのではないでしょうか。

 

この記事では、成功者の習慣7個をご紹介します。

 

[toc]

 

成功する人の7の習慣

①すぐ行動する

私の周りの成功者は物事を先延ばしにしたりせず、すぐに取り組む習慣を持っています。

 

その行動力は凄まじいものがあります。とにかく動いています。

 

「どうしようかな・・・」「面倒くさいな・・・」と悩んでいる時間がほぼありません。

 

皆さんも経験があると思いますが、先延ばしをしてしまうと時間に追われる感覚がずっと抜けず、とてもストレスが溜まりますよね。

 

やるべきことを先延ばしにしていると、「やらなければいけないのに、なかなかやる気になれない」ことに対して自己嫌悪が募ります。ストレスがかかっている中で、人は十分なパフォーマンスを上げることはできません。

    • 今日出来ることは明日に回さない
    • 今すぐできることは、今すぐ取り掛かる

この二つを常に意識しておき、小さなことからでも構わないので取り組み続けてみてください。

 

そうすれば行動することに対するストレスの度合いが少なくなっていきます。

 

ストレスを感じることなく効率よく物事に取り組むことができ、ハイパフォーマンスを発揮できるでしょう。

 

②自分に投資する

自己投資をしたことがない人は抵抗があるかもしれませんが、成功する人は習慣的に自己投資をしている人が多いです。

 

自己投資にとは簡単に表すと、「時間とお金を自分の成長のために使うこと」で、具体的には下記のようなものが挙げられます。

    • 資格やスキル取得の勉強
    • 情報収集のためのセミナー参加
    • 旅行や留学などの異文化交流

自己投資をしていくことで、自分のために頑張っているという自信がつくとともに、着実に自分の能力の向上につながります。

 

また金銭的にリスクを負うことで自分にプレッシャーをかけ、継続することができるようになります。

 

③メモを取る

成功する人の習慣の中には、頭に浮かんだアイデアや思考、思い付きなどをすぐに書き出すという方が多いです。

 

紙や手帳に限らず、iPhoneなどの初期アプリに入っている「メモ帳」や、LINEの「keepメモ」を活用している方も多いです。

 

エビングハウスの忘却曲線にもあるように、アイデアや思いつきを記憶しておくにしても時間が経過すればするほど、思い出すのにも時間がかかり、場合によっては一部の内容を忘れてしまうこともあるでしょう。

 

そのため、考えていることは積極的にメモをし、思い出しやすくしたり、自分の中で考えを整理しやすくするのです。

 

簡単なことですが、大事なことです。

 

④早寝早起き

質の高い睡眠は脳や体をリフレッシュさせるとともに、記憶の定着や翌日の集中力を高めるなど、パフォーマンスに大きく関わってきます。

 

自律神経などを研究する小林弘幸教授(順天堂大学)によると、「いつもより1時間早く起きることを習慣にしてみてください」とのこと。

 

1時間早く起きれば、朝食をとったり身だしなみを整えたりする時間を充分に持て、自律神経が整えられるそう。結果として、一日中高いパフォーマンスで活動できるということです。

 

また朝陽を浴びることで、セロトニンの分泌を促し体内時計を整えることにもつながります。

 

その結果、生活リズムが整い、夜も眠りやすくなるのです。

 

そして朝の時間を読書や運動など、時間を有意義に活用できるので、是非とも早寝早起きを心がけてみてください。

 

⑤運動する

成功者は筋力トレーニングやランニングをはじめとした、運動を習慣として取り入れている人が多いです。

 

生活の中に運動を上手く取り入れることで、

    • 集中力の維持・向上
    • 身体の機能の維持・向上
    • ストレス緩和

これらをはじめとした多くのメリットがあります。

 

実際私も毎日1時間のウォーキングと、10分程度の筋トレを行なっています。

 

適度な運動は健康の維持だけでなく、脳にも良い刺激を与えることもあり、良いアイデアが浮かんでくることもあるでしょう。

 

前頭前野へ血液を送り活性化できたり、思考をリセットしたりすることにもつながるので、積極的に取り入れてみてください。

 

⑥読書

Microsoftの創業者ビル・ゲイツ氏やテスラの創業者イーロン・マスク氏らをはじめ、成功する人は読書を習慣としている人が多いです。

 

私の師匠のご自宅にも凄い量の本があったので、やっぱりそうなんだなと納得しました。

 

本を読むと、言語性知能、分かりやすく言えば「記憶力と、記憶したものを関連した別の記憶と結びつける連想力」が高まります。

 

他にも知識が身についたり、語彙が増えたりしますし、何より書籍の内容を疑似体験できるのは非常に有益です。

 

人はさまざまな文化や背景を持った人々と接することで刺激を受け、視野や考えが広がります。

 

まずは自分自身の興味のあるジャンルの新書や小説でも構わないので、気軽に読書をする習慣を始めてみてください。

 

⑦適度な休息

高いパフォーマンスを発揮するために大切なのが「集中力」です。

 

そして、集中力を維持したり、仕事中に回復させたりするためには適度な休息が欠かせません。

 

成功者は仕事が忙しくて、いつも仕事ばかりしているという印象を持っている人もいるかもしれませんが、実は、成功者ほど「適度な休息」を意識的にとっています。

 

立命館大学・総合科学技術研究機構の研究員である塚本敏人氏らが2014年に発表した論文によると、血流速度を減少させた状態で被験者に課題を行なわせたところ、通常時に比べて反応速度・正答率が優位に下がったそうです。

 

座り姿勢が長く続いているときも、血流量が減少するため、同様に認知機能が低下してしまう可能性があります。

 

下半身の血液を上方に押し戻すはずのふくらはぎが動かないため、全身の血流が滞ってしまうからです。

 

脳を活性化させて仕事・勉強に充分なパフォーマンスを発揮するには、座りっぱなしにならず、1時間に1回程度は小休憩をとり、立ち上がってトイレに行ったりコーヒーを淹れたりしましょう。

 

パフォーマンス向上のために意識して休憩を入れるのが、成功者の習慣なのです。

 

結論

私の周りにいる成功者の共通点をまとめてみました。

 

人生において「成功したい!」と考えている人も多いと思いますが、成功するためには、「成功している人の真似をする」ことも大事になってきます。

 

その人が「なぜ成功しているのか」「成功するために何をやっているのか」を掴むのです。

 

少しでも自分の人生が成功するための参考にしてみてくださいね。

 

 

↓↓↓↓ノウハウを知りたい方はこちらから↓↓↓↓

※いきなり電話することはありません、まずはLINE上で簡単なアンケートにお答え下さい。

LINEより返信いたします。

本気のあなたと一緒にビジネスができる日を心から楽しみにしております。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Ron

41歳。東京都在住。10歳と6歳の娘のパパ。 何もとりえもない事務職員。2020年11月より「リツイートって何?」というレベルからホームページ作成・アフィリエイトを開始。個人事業主として2年経過。

-マインド